国家資格、公的資格、民間資格など就活や仕事で役立つ資格

e資格

ビジネスコンプライアンス検定試験の試験の難易度、合格基準、評価、収入など

ビジネスコンプライアンス検定試験とは近年企業に求められているコンプライアンス(企業の法令遵守)に関する知識を学べる検定試験です。会社としてコンプライアンスを徹底しているつもりでも現場担当者レベルで重大なコンプライアンス違反をしていることがあり、それが重大な事故に繋がることがあります。そのようなことにならないように、コンプライアンス知識を有している人材が求められています。

ビジネスコンプライアンス検定試験の試験内容

資格種類 民間資格
受験資格 なし
難易度
  • 上級 ★★★ やや難しい
  • 初級 ★ やさしい
受験対象者 会社員全般
試験日
試験方式
  • 上級:事例問題、選択式問題
  • 初級:選択式問題
合格基準
  • 上級:70%以上の正答率
  • 初級:65%以上の正答率
合格率
  • 上級:約15%
  • 初級:約60%
出題範囲
  • 上級
    コンプライアンスに関する実践的な知識
    コンプライアンスに関連する高度な法律知識
    ビジネスシーンにおける高度な意思決定基準
  • 初級
    コンプライアンスに関する基礎的な知識
    コンプライアンスに関連する基本的な法律知識
    ビジネスシーンにおける健全な価値判断基準

定期的に試験制度の変更等があるので詳細は公式サイトでご確認ください。

ビジネスコンプライアンス検定の評価や収入など

ビジネスコンプライアンス検定の社会的評価

ビジネスコンプライアンス検定の知名度が高くないので資格自体が評価されるということはあまりない。

ビジネスコンプライアンス検定の収入

資格手当を支給しているところは殆どない。

ビジネスコンプライアンス検定試験はこのような人が受験しています。

社会人全般

ビジネスコンプライアンス検定試験の勉強方法

ビジネスコンプライアンス検定試験は初級であれば独学でも合格できるが上級は難しいので予備校で受験するほうが合格しやすい。

ビジネスコンプライアンス検定の講座情報

ビジネスコンプライアンス検定講座を開講しているところは多くなく大手受験予備校ではLECのみです。

スポンサーリンク

資格の学校選びに悩んだら、とりあえずココをチェック♪私のオススメ受験予備校

資格の受験予備校の合格実績、授業料、口コミなどを総合して考えた私のおすすめランキングです。

TAC

TACは人気実績ともに高い受験予備校のひとつです。TACの何がすごいのかというと、一部の資格試験で合格実績が高いのではなくて、ほとんどの資格試験での合格実績が高いことです。どの予備校の講座を受講しようか悩む人はTACがオススメです。TACで合格できなければ他では絶対に無理!そのくらい良いところです。

開講講座

公認会計士、税理士、日商簿記、建設業経理士、米国公認会計士(USCPA)、米国税理士(EA)、米国公認管理会計士(USCMA)、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、公務員、証券アナリスト、不動産鑑定士、宅地建物取引士、建築士、マンション管理士、司法試験、司法書士、行政書士、弁理士、通関士、ビジネス実務法務検定、その他資格

ネットスクール

ネットスクール 簿記 税理士 FP 宅建 ns

ネットスクールはWeb講座に特化した受験予備校としては業歴が長く、日商簿記や税理士試験受験生に一定の人気があります。Web講座なので授業料が他校に比べると安く、授業料がネックで講座を受講するか悩んでいる人にはオススメです。特に2年目の大幅割引制度があるため、難易度が高い資格ほど人気があります。

WEBショップで教材のみの販売をしています。セット割引等がありAmazonで買うよりも安く買えます。ラストスパート模試は簿記・税理士試験受験生に人気があります。

開講講座

税理士試験、日商簿記、全経簿記、建設業経理士、ファイナンシャルプランナー、リテールマーケティング等、その他資格書籍の販売

LEC

LECは法律関係の資格に強い受験予備校です。

開講講座

司法試験、司法書士、行政書士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、宅地建物取引士、不動産鑑定士、マンション管理士、土地家屋調査士、日商簿記、ファイナンシャルプランナー、年金アドバイザー、ビジネス実務法務検定、販売士、公務員試験など他多数。

Copyright© e資格 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.