住宅ローンアドバイザーの試験の難易度、合格基準、評判、評価、収入など

住宅ローンアドバイザーは最適な住宅ローンを顧客の立場から提案するための知識を学べる試験です。住宅ローンに関する幅広い知識を学ぶことができます。

住宅ローンアドバイザーの試験内容

資格種類 民間資格
受験資格 なし
難易度 ★ やさしい
受験対象者 社会人(住宅ローンを扱う金融機関や不動産業界)
試験日 随時
試験方式 財団法人住宅金融普及協会が主催する「住宅ローンアドバイザー養成講座」を受講して一定の成績を修めることで住宅ローンアドバイザーになることができます。
講座内容 住宅ローンアドバイザー養成講座は「基礎編」と「応用編」があり、両方の講座を受講し、各効果測定試験に合格する必要があります。
出題形式
  • 基礎編:記述式
  • 応用編:記述式
合格率
  • 基礎編:約90%
  • 応用編:約80%

定期的に試験制度の変更等があるので詳細は公式サイトでご確認ください。

住宅ローンアドバイザーの難易度

住宅ローンアドバイザーの難易度は合格率が90%ということからもわかるように試験はやさしく、運転免許試験までは簡単ではないですが、勉強が苦手な人でも少し勉強すれば合格できる試験です。

住宅ローンアドバイザーの評価や収入など

住宅ローンアドバイザーの社会的評価

住宅ローンを扱う金融機関や不動産業界では一定の評価を受けているようです。住宅ローンアドバイザー合格者は名刺に「住宅ローンアドバイザー」と印字することで顧客に対する信用力が増すため、住宅ローンを扱う金融機関や不動産業界では社員に住宅ローンアドバイザーの取得を奨励しています。

住宅ローンアドバイザーの収入

住宅ローンを扱う金融機関や不動産業界では住宅ローンアドバイザーの取得を奨励しているものの、住宅ローンアドバイザーの難易度が低いこともあって資格手当を支給しているところは殆どありません。住宅ローンアドバイザーは、資格手当で収入がアップするというよりも資格取得で社会的な評価を高め、営業成績アップを図って収入増を目指す試験です。

住宅ローンアドバイザー試験の勉強方法

住宅ローンアドバイザー試験は住宅ローンアドバイザーの養成講座を受講しなければ取得できませんが、養成講座を真面目に受講すれば合格できる試験です。

住宅ローンアドバイザーの総評

住宅ローンアドバイザー取得には養成講座を受講しなければいけないのが面倒ですが、住宅ローンを扱う金融機関や不動産業界では一定のニーズがありますし、合格率からも分かるとおり難易度が低いので費用対効果は高い資格といえます。

現在、金融機関や不動産業界で働いている人や、これらの業界への就活を考えている人にはオススメです。

住宅ローンアドバイザーに似た資格として住宅ローン診断士があります。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る