財務報告実務検定の試験の難易度、合格基準、評価、収入など

財務報告実務検定は開示書類の目的、作成要領、データの関連性を理解し、さらに、決算・財務報告プロセスに必要な内部統制までを広範囲かつ体系的に理解することを問う試験です。

財務報告実務検定の試験内容

資格種類 民間資格
受験資格 なし
難易度 ★★ 普通
受験対象者 社会人全般、学生
試験日 受験会場により異なる
試験方式 CBT方式(コンピュータ画面での試験)
合格基準 1000点満点で得点によって称号が付与される。

  • 財務報告実務検定Advanced:800点-1000点
  • 財務報告実務検定Standard:600点-799点
  • 財務報告実務検定Basic:400点-599点

定期的に試験制度の変更等があるので詳細は公式サイトでご確認ください。

財務報告実務検定について詳しく知りたい人は

財務報告実務検定講座とは?

財務報告実務検定の評価や収入など

財務報告実務検定の社会的評価

財務報告実務検定の新しい資格であるため知名度は低い。

財務報告実務検定の収入

資格手当を支給しているところは殆どありません。財務報告実務検定で高得点を取ったから給料がアップするという資格ではなく、資格取得で得た知識を活用して評価を高める資格です。

財務報告実務検定試験はこのような人が受験しています

社会人、学生。

財務報告実務検定試験の勉強方法

財務報告実務検定試験は公式テキスト(財務報告実務検定公式テキスト)があれば独学でも良い成績をとることができますが、全くの初学者であれば専門用語が頻出するため受験予備校に通った方が良いと思います。

財務報告実務検定試験の講座

TACの財務報告実務検定講座

財務報告実務検定の総評

新しい資格のため知名度が低いため社会的評価はあまり期待できませんが、簿記などとは違ってTOEICのように試験の点数が評価基準になっているため、高得点を取れば企業の監査部門や財務部門などで評価される可能性があります。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る