土地活用プランナーの試験の難易度、合格基準、評判、評価、収入など

土地活用プランナーは東京都の認可を受けている公益社団法人東京共同住宅協会が実施している試験です。法務や税務、マーケティング、プランニング、事業収支計画、権利調整など土地活用に関する幅広い知識を学べます。

土地活用プランナーの試験内容

資格種類 民間資格
受験資格 なし

※受験資格はありませんが、試験に合格して土地活用プランナーとして登録するには2年以上の実務経験が必要です。2年未満の場合は合格証書は交付されるものの登録はできません(合格証書生涯有効なので実務経験2年を満たせば即登録できる。)。

難易度 ★ やさしい
受験対象者 社会人(金融機関や不動産業界など)
試験日 8月・2月
出題範囲
  1. 土地活用プランナー学習のオリエンテーション
  2. マーケティングとスケジューリング
  3. 土地活用コーディネートのためのパートナー選定
  4. 土地活用プランニング
  5. 事業収支計画書の見方
  6. 土地活用プランナー必修の税務知識
  7. 土地活用プランナー必修の建築および施工知識
  8. 事業収支計画書の作り方
  9. 土地活用にまつわる法律
  10. 様々な土地活用手法、付加価値物件
  11. 土地活用と賃貸管理・建物管理
  12. 土地活用における近隣対策、権利調整の実務編
試験方式 筆記試験
合格率 未公表

土地活用プランナーについて詳しく知りたい人はLECでも紹介されています。

東京リーガルマインド

土地活用プランナーの評価や収入など

土地活用プランナーの社会的評価

土地活用プランナーは知名度が高いとまでは言えないものの、不動産業界などでは一定の評価を得られます。土地活用プランナーという名前の響きが良いこともあって、顧客等に対する印象アップが期待できます。

土地活用プランナーの収入

土地活用プランナーの資格に対して手当等を支給するところはありません。

土地活用プランナー合格者は名刺等に「土地活用プランナー」と書き、その肩書を活用して顧客の信用を高めることで営業成績アップが期待できます。

土地活用プランナー試験の勉強方法

土地活用プランナーには公益社団法人東京共同住宅協会が発行している公式テキストがあるのでこの本で独学勉強するか、LECなどの対策講座を受講する方法があります。

東京リーガルマインド

土地活用プランナーの総評

土地活用プランナーは難易度が低いにも関わらず、ネーミングが良いこともあって費用対効果が高い資格です。特に不動産業界や金融業界の人には顧客に対する信用力アップに役立つのでオススメです。

土地活用プランナーの登録には実務経験が必要ですが、試験合格には実務経験がいらないので、実務経験が無い人でも試験を受験できます。試験合格は生涯有効なので、合格後に実務経験を満たせば土地活用プランナーに登録できます。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る