相続アドバイザー試験の難易度や勉強法、合格率、評価、評判など

相続アドバイザーとは、銀行業務検定協会の検定試験のひとつで、相続に関する相談業務を行うための基礎知識や実務知識を学べる試験です。

特に銀行等の金融機関や保険会社などで働く人には業務の幅を広げてくれる資格のひとつになるでしょう。

相続アドバイザー試験の試験内容

資格種類 民間資格
受験資格 なし
難易度 2級:★★ 普通

3級:★ 易しい

受験対象者
  • 銀行等の金融機関で働いている人
  • 生命保険会社で働いている人
  • 税理士事務所で働いている人
試験日 2級:3月

3級:3月、10月

試験科目 2級

  • 相続知識
  • 相続対策(生前対策)
  • 相続アドバイス
  • 相続手続

3級

<基礎知識>

相続の基礎知識 20問

相続と金融実務 15問

その他周辺知識  5問

<技能・応用>

事例付四答択一式 10問

上記範囲での事例問題

試験方式
  • 2級 四答択一式 、記述式
  • 3級 四答択一式、事例付四答択一式
合格基準 60%以上の正答率
合格率
  • 2級:30%前後
  • 3級:40%前後

相続アドバイザーの難易度

相続アドバイザー2級、3級の難易度

相続アドバイザー2級の難易度

相続アドバイザー2級は難易度が普通の試験で、難易度レベル★2つです。まだ何回も試験がされていませんが、合格率は約30%ですし、そこまで難易度が高い試験ではありません。

相続アドバイザー3級を受験せずに2級から勉強する人は少し難しく感じるかも知れませんが、3級合格者であれば3級を同じように勉強すればそれほど難しく感じる試験ではありません。

相続アドバイザー3級の難易度

相続アドバイザー3級は難易度がやさしい試験で、難易度レベル★1つです。まだ何回も試験がされていませんが、合格率は約40%ですし、そこまで難易度が高い試験ではありません。

相続アドバイザーの評価や収入など

相続アドバイザーの社会的評価や評判

相続アドバイザーは銀行業務検定協会の資格試験ということもあって金融機関での知名度は一定程度期待できますが、社会的な評価が確立されているかとまではいえず、金融機関以外では殆ど知られていません。

相続アドバイザーの収入

相続アドバイザーの難易度からもわかるように資格手当を支給しているところは殆どありません。資格で得た知識を活用して顧客の信頼を獲得して収入アップを目指す資格です。

名刺に「相続アドバイザー」と書くことで顧客からの信用度が増すことが期待できます。

相続アドバイザーの受験勉強法

相続アドバイザーの勉強法には次の方法があります。

  • 独学受験
  • 予備校で講座を受講

相続アドバイザーの独学受験

相続アドバイザーは難易度が高い試験ではないので、勉強が苦手でない人は独学受験の方がリーズナブルです。相続アドバイザーのテキスト、参考書、問題集は大型書店やアマゾンで売っています。

相続アドバイザー講座

相続アドバイザー講座で人気があるのは次の講座です。

  1. 銀行業務検定の相続アドバイザー養成コース(通信講座)を受講 銀行業務検定協会 相続アドバイザー養成コース
  2. TACなどの相続アドバイザー講座を受講 TACの相続アドバイザー講座

銀行業務検定協会の試験なので銀行業務検定協会の講座の方が安心感がありますが、通信講座しか取扱っていません。

TACでは相続アドバイザーの教室講座のほか、Web通信講座やDVD通信講座などがあり、勉強しやすい講座が揃っています。また、サポート制度が充実しているので勉強が苦手な人でも安心です。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る