ファッションビジネス能力検定の試験の難易度、合格基準、評価、収入など

ファッションビジネス能力検定はアパレル業界やファッション業界で働くための知識と技能を学べます。アパレル業界で働いている人などに人気のある資格です。

ファッションビジネス能力検定の試験内容

資格種類 民間資格
受験資格 なし
難易度
  • 1級 ★★★ やや難しい
  • 2級 ★ やさしい
  • 3級 ★ やさしい
受験対象者 アパレル業界で働いている社会人
アパレル業界で働きたい学生
試験日
  • 1級:1月
  • 2級:6月、11月
  • 3級:6月、11月
試験方式
  • 1級:記述式
  • 2級:マークシート方式
  • 3級:マークシート方式
合格基準
  • 1級:各科目60%以上の得点
  • 2級3級:
    ファッションビジネス知識:60%以上の得点
    ファッション造形知識:70%以上の得点
合格率
  • 1級:約20%
  • 2級:約50%
  • 3級:約70%
出題範囲
  • 1級
    マーケティング戦略、マーチャンダイジング戦略、流通戦略、マネジメント知識、ファッションビジネス知識
  • 2級3級
    ファッションビジネス知識、ファッション造形知識

定期的に試験制度の変更等があるので詳細は公式サイトでご確認ください。

ファッションビジネス能力検定の難易度

ファッションビジネス能力検定1級の難易度

ファッションビジネス能力検定1級の試験は2級3級のマークシートとは違って記述式の試験になること、試験の専門性が急に高まることから難易度は高くなります。ただ、国家試験のように長期間必死に勉強しないと合格できない!という高難易度の試験ではなく、講座などを受講してしっかりと勉強すれば合格できる試験です。

ファッションビジネス能力検定2級の難易度

ファッションビジネス能力検定2級の試験は合格率を見ても分かるように難易度は高くなく、3級合格者は3級のときと同じように勉強すれば合格できます。

ファッションビジネス能力検定3級の難易度

ファッションビジネス能力検定3級の試験は合格率を見ても分かるように難易度は高くありません。まじめに勉強した人の殆どが合格しています。

ファッションビジネス能力検定の評価や収入

ファッションビジネス能力検定の社会的評価

ファッションビジネス能力検定に合格しているからといって抜群の効果がある!ということはありませんが、ファッションビジネス能力検定はアパレル業界では一定の知名度があり評価されいて、就活の学生なら2級、転職なら1級であれば評価されるようです。

ファッションビジネス能力検定の収入

アパレル業界では一定の知名度があるもののファッションビジネス能力検定自体に資格手当を支給しているところは殆どありません。そもそもアパレル業界での評価は主に売上で「どの程度の会社の売上(利益)に貢献できたか?」ということが評価対象になります。そのため、ファッションビジネス能力検定の資格取得自体が給料に反映されるところは殆どありませんが、ファッションビジネス能力検定で学ぶ知識を活かして売上アップを目指すことで収入アップが期待できます。ファッションビジネス能力検定はアパレル業界で働く人に役立つ知識を効率的に学ぶことができる資格です。

ファッションビジネス能力検定試験はこのような人が受験しています。

ファッションビジネス能力検定はアパレル業界で働いている社会人や将来アパレル業界で働きたい学生が受験しています。ただ実際には、ファッションビジネス能力検定は受験資格が無いのと、難易度が低いということもあって、アパレル業界への就活を控えた学生が就活対策として受験しているようです。

実務経験が無い学生が面接等でアピールするのにファッションビジネス能力検定は大いに役立ちます。面接等で「アパレル業界に興味があり…」などと言うだけではなく、そこにファッションビジネス能力検定というアパレル業界に関する資格の裏付けを出すことで面接等での言葉に説得力が増します。

ファッションビジネス能力検定試験の勉強方法

ファッションビジネス能力検定の主な勉強方法は次の通りです。

  • 独学受験
  • 講座受講

ファッションビジネス能力検定の独学受験

ファッションビジネス能力検定試験の合格率を見ても分かるように2級までであれば独学でも合格できる資格です。それにファッションビジネス能力検定には指定テキストがあるので効率的に合格したい人はこの指定テキストで勉強するのが一番です。

ファッションビジネス能力検定の講座受講

ファッションビジネス能力検定の講座を開講しているところは多くなくて、色々探しましたがみつかりませんでした。見つかり次第アップします。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る