国家資格、公的資格、民間資格など就活や仕事で役立つ資格

e資格

宅地建物取引士の試験の難易度、合格基準、評価、収入など

宅地建物取引士とは、宅地建物取引業者などに対して、宅地または建物の売買や賃貸借の契約が成立するための重要事項の説明等を行う国家資格者です。宅地建物取引業法では、宅地建物取引業者はその事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の取引主任者を置かなければならないと記載されています。

宅地建物取引士の試験内容

資格種類 国家資格
受験資格 なし
難易度 ★★ 普通
受験対象者 社会人全般(主に不動産業)、学生
試験日 10月の第3日曜日
試験方式 50問の選択筆記試験(四肢択一)
合格基準 合格基準点は公表されておらず、合格率が15%になるように得点調整していると言われている。
合格率 15%~20%
出題範囲
  1. 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。
試験の免除 登録講習機関が行う講習を修了し、その修了試験に合格した登録講習修了者は、3年以内に行われる試験について5問免除を受けることができます。

定期的に試験制度の変更等があるので詳細は公式サイトでご確認ください。

宅地建物取引士の評価や収入など

宅地建物取引士の社会的評価

宅地建物取引士は不動産業界での評価は非常に高い。宅建を持っていない人が昇進昇格のハンデになることもあるほど。

宅地建物取引士の収入

不動産業界の多くの会社では資格手当を支給している。ただし、資格を取得したからといって格段に収入が増加するとはいえない。

宅地建物取引士の総評

宅地建物取引士は不動産業界で働いている人や就職・転職を希望している人にはオススメの資格のひとつです。合格率は15%ですが、受験予備校に通えば合格しやすい資格。

宅地建物取引士試験はこのような人が受験しています

不動産業界への就職・転職を希望している人が受験しています。

宅地建物取引士試験の勉強方法

宅地建物取引士は難易度が高くないので独学での合格も十分可能。ただし、勉強が苦手な人は受験予備校に通う方が良い。受験予備校に通えば殆どの人が合格しており、不合格者の多くが独学受験生。

宅地建物取引士試験の受験対策講座

資格の学校TAC

資格の大原

東京リーガルマインド
クレアール

スポンサーリンク

資格の学校選びに悩んだら、とりあえずココをチェック♪私のオススメ受験予備校

資格の受験予備校の合格実績、授業料、口コミなどを総合して考えた私のおすすめランキングです。

TAC

TACは人気実績ともに高い受験予備校のひとつです。TACの何がすごいのかというと、一部の資格試験で合格実績が高いのではなくて、ほとんどの資格試験での合格実績が高いことです。どの予備校の講座を受講しようか悩む人はTACがオススメです。TACで合格できなければ他では絶対に無理!そのくらい良いところです。

開講講座

公認会計士、税理士、日商簿記、建設業経理士、米国公認会計士(USCPA)、米国税理士(EA)、米国公認管理会計士(USCMA)、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、公務員、証券アナリスト、不動産鑑定士、宅地建物取引士、建築士、マンション管理士、司法試験、司法書士、行政書士、弁理士、通関士、ビジネス実務法務検定、その他資格

ネットスクール

ネットスクール 簿記 税理士 FP 宅建 ns

ネットスクールはWeb講座に特化した受験予備校としては業歴が長く、日商簿記や税理士試験受験生に一定の人気があります。Web講座なので授業料が他校に比べると安く、授業料がネックで講座を受講するか悩んでいる人にはオススメです。特に2年目の大幅割引制度があるため、難易度が高い資格ほど人気があります。

WEBショップで教材のみの販売をしています。セット割引等がありAmazonで買うよりも安く買えます。ラストスパート模試は簿記・税理士試験受験生に人気があります。

開講講座

税理士試験、日商簿記、全経簿記、建設業経理士、ファイナンシャルプランナー、リテールマーケティング等、その他資格書籍の販売

LEC

LECは法律関係の資格に強い受験予備校です。

開講講座

司法試験、司法書士、行政書士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、宅地建物取引士、不動産鑑定士、マンション管理士、土地家屋調査士、日商簿記、ファイナンシャルプランナー、年金アドバイザー、ビジネス実務法務検定、販売士、公務員試験など他多数。

Copyright© e資格 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.