国家資格、公的資格、民間資格など就活や仕事で役立つ資格

e資格

販売士(リテールマーケティング)の試験の難易度、合格基準、評価、収入など

販売士(リテールマーケティング)は流通業界唯一の公的資格として、小売業を中心に多くの企業で高く評価されています。小売業の中には、資格取得を昇進・昇格の条件にしているところもあります。

販売士(リテールマーケティング)の試験内容

資格種類 公的資格
受験資格 なし
難易度
  • 1級 ★★★ やや難しい
  • 2級 ★ やさしい
  • 3級 ★ やさしい
受験対象者 社会人全般、学生
試験日
  • 1級:2月
  • 2級:7月上旬と2月下旬
  • 3級:7月上旬と2月下旬
試験方式
  • 1級:筆記試験・マークシート方式
  • 2級:マークシート方式
  • 3級:マークシート方式
合格基準  100点満点中70点以上
合格率
  • 1級:15%前後
  • 2級:50%前後
  • 3級:60%前後
出題範囲 各級共通

  1. 小売業の類型
  2. マーチャンダイジング
  3. ストアオペレーション
  4. マーケティング
  5. 販売・経営管理

定期的に試験制度の変更等があるので詳細は公式サイトでご確認ください。

販売士(リテールマーケティング)の難易度

販売士(リテールマーケティング)1級の難易度

販売士(リテールマーケティング)1級は2級3級とは違い次の理由から難易度が高くなります。

  • 試験が記述式
  • 専門性が高い。

販売士(リテールマーケティング)1級から試験は記述式になり、しっかりと勉強していないと合格点を取れなくなります。

2級3級に比べると難しいものの、必死に勉強しても合格できないほど難易度が高いわけではなくて、しっかり勉強すれば合格できる試験です。それに近年は科目合格制が採用されているので合格しやすくなっています。

販売士(リテールマーケティング)2級の難易度

販売士(リテールマーケティング)2級は次の理由から難易度は低い試験です。

  • マークシート方式
  • 指定テキストがある。
  • 合格率が高い。

販売士(リテールマーケティング)2級には指定テキストがあって、試験はこのテキストから80%以上が出題されることになっています。また、試験がマークシート方式で、選択肢も選びやすいものが多いのである程度勉強した人であれば正解が見つかります。そういうこともあって販売士(リテールマーケティング)2級の合格率は高くなっています。

販売士(リテールマーケティング)3級の難易度

販売士(リテールマーケティング)3級は次の理由から難易度は低い試験です。

  • マークシート方式
  • 指定テキストがある。
  • 合格率が高い。

販売士(リテールマーケティング)3級には指定テキストがあって、試験はこのテキストから90%以上が出題されることになっています。また、試験がマークシート方式で、選択肢も選びやすいものが多く、何も勉強していない人でも一般常識の範囲である程度得点できるようなので、一定程度勉強した人であれば合格点を取るのは難しくはありません。実際に販売士(リテールマーケティング)3級の合格率は高く、受験生の殆どが合格しています。

販売士(リテールマーケティング)の評価や収入など

販売士(リテールマーケティング)の社会的評価

販売士(リテールマーケティング)は流通業界唯一の公的資格として小売業では高く評価されています。小売業の中には資格取得を昇進・昇格の条件にしているところもあります。ただし、小売業以外では、あまり認知度が低いのが現状。

販売士(リテールマーケティング)の収入

小売業の中には資格手当を支給しているところもあります。ただし、3000円程度。

 

 

販売士(リテールマーケティング)試験の勉強方法

販売士(リテールマーケティング)の勉強法は主に次の通りです。

  • 独学受験
  • 講座受講

販売士(リテールマーケティング)の独学受験

販売士(リテールマーケティング)は独学でも合格できますし、実際に販売士(リテールマーケティング)受験生の多くが独学で勉強しています。

販売士(リテールマーケティング)は指定テキストが販売されていて、試験問題の多くがそのテキストから出題されるため、独学受験生の多くがこのテキストを買って勉強しています。

販売士(リテールマーケティング)講座

見つかり次第アップします。

販売士(リテールマーケティング)の勉強法のサイト

リテールマーケティングにサクッと合格

販売士(リテールマーケティング)の総評

販売士(リテールマーケティング)は小売業への就職を考えている人には非常に有用な資格です。難易度のわりに就職で役に立つため、小売業への就職を希望している方にはオススメ。

販売士に合格したからといって収入がアップするわけではないですが、資格取得で学ぶ知識を活用することで評価アップが期待できます。

スポンサーリンク

資格の学校選びに悩んだら、とりあえずココをチェック♪私のオススメ受験予備校

資格の受験予備校の合格実績、授業料、口コミなどを総合して考えた私のおすすめランキングです。

TAC

TACは人気実績ともに高い受験予備校のひとつです。TACの何がすごいのかというと、一部の資格試験で合格実績が高いのではなくて、ほとんどの資格試験での合格実績が高いことです。どの予備校の講座を受講しようか悩む人はTACがオススメです。TACで合格できなければ他では絶対に無理!そのくらい良いところです。

開講講座

公認会計士、税理士、日商簿記、建設業経理士、米国公認会計士(USCPA)、米国税理士(EA)、米国公認管理会計士(USCMA)、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、公務員、証券アナリスト、不動産鑑定士、宅地建物取引士、建築士、マンション管理士、司法試験、司法書士、行政書士、弁理士、通関士、ビジネス実務法務検定、その他資格

ネットスクール

ネットスクール 簿記 税理士 FP 宅建 ns

ネットスクールはWeb講座に特化した受験予備校としては業歴が長く、日商簿記や税理士試験受験生に一定の人気があります。Web講座なので授業料が他校に比べると安く、授業料がネックで講座を受講するか悩んでいる人にはオススメです。特に2年目の大幅割引制度があるため、難易度が高い資格ほど人気があります。

WEBショップで教材のみの販売をしています。セット割引等がありAmazonで買うよりも安く買えます。ラストスパート模試は簿記・税理士試験受験生に人気があります。

開講講座

税理士試験、日商簿記、全経簿記、建設業経理士、ファイナンシャルプランナー、リテールマーケティング等、その他資格書籍の販売

LEC

LECは法律関係の資格に強い受験予備校です。

開講講座

司法試験、司法書士、行政書士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、宅地建物取引士、不動産鑑定士、マンション管理士、土地家屋調査士、日商簿記、ファイナンシャルプランナー、年金アドバイザー、ビジネス実務法務検定、販売士、公務員試験など他多数。

Copyright© e資格 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.