資格の種類 国家資格、公的資格、民間資格の違い

資格には様々なものがあり、大きく国家資格、公的資格、民間資格に分けることができます。

国家資格とは

国家資格とは、国が法律に基づいて試験を実施して合格者を認定する資格をいいます。国が法律に基づいて行う資格であるため社会的信用度や知名度が高く世間でも評価されやすいです。なお、国家資格の中でも独占業務がある資格と、独占業務が無い資格があります。

独占業務がある国家資格の代表例としては税理士がよく挙げられます。税務申告の国家資格である税理士には強い独占業務があり、税理士以外の者が税理士業務を行うと有償無償を問わず税理士法違反として罰せられます。

独占業務が無い国家資格の代表例としては中小企業診断士がよく挙げられます。経営コンサルタントの国家資格として一定の人気がある中小企業診断士ですが、コンサルティング業務は独占業務ではなく、中小企業診断士ではなくても誰でもコンサルティングを行えます。

公的資格とは

公的資格は公的機関である財団法人や社団法人等が行う資格試験をいいます。有名な公的資格には商工会議所が主催する日商簿記検定(日本商工会議所が主催)などがあります。国家資格ほどではないものの、公的機関の資格であるため社会的な知名度が高く評価されやすい資格が多くあります。

民間資格とは

民間資格とは特定の業界の発展・向上を目的としてその団体が主催して行う資格試験をいいます。知名度が高く、社会的に評価される民間資格もありますが、各業界が独自に資格を立ち上げるためその種類は星の数のように多いこともあり、知名度・社会的評価ともに微妙なものあります。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る