スーパー業界の就活で役立つ資格

スーパー業界への就活対策で何か資格を…と考えている人は多いと思います。そのような人のためにスーパー業界への就活で役立つ資格をまとめました。

スーパー業界と言っても仕事内容は様々。どのような仕事をしたいかによって役立つ資格が違う。

スーパー業界といっても仕事内容は様々で貴方がどのような仕事をしたいかによって就活で役立つ資格は違います。一般的にスーパー業界では次のような仕事があります。

  • 販売員
  • 店舗管理者(店長やスーパーバイザー等)
  • バイヤー
  • 人事総務
  • 経理事務

スーパー業界で販売員をしたい人が役立つ資格

一般的にスーパー業界に就職した場合、最初は各店舗に販売員として配属されます。販売の仕事がしたい、販売の仕事で役立つ資格を勉強したいという人にオススメの資格は次の通りです。

  • リテールマーケティング(販売士検定試験)
  • 登録販売者
  • 衛生管理者
  • POP広告クリエイター
  • サービス接遇検定
  • ビジネス実務マナー検定

リテールマーケティング(販売士検定試験)2級3級
リテールマーケティング(販売士検定試験)は流通業界唯一の公的資格です。リテールマーケティング3級(販売士3級)は販売員、リテールマーケティング2級は店舗管理者としての基本的な知識を網羅しているので就職活動でアピールポイントになります。大学生や短大生などの新卒就活生なら3級でも十分就活で武器になります。実際にリテールマーケティング2級3級受験生の半分以上が就活を控えた学生です。

登録販売者
登録販売者は薬事法の改正により新設された一般用医薬品を販売するための資格です。近年、一般医薬品の取扱いを始めるために従業員に登録販売者の資格取得を奨励している企業もあります。受験資格が廃止され誰でも受験できるようになりました。

衛生管理者
衛生管理者は労働安全衛生法において定められている、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者のことです。50人以上の従業員がいる事業所では、衛生管理者を置くことが義務付けられています。

POP広告クリエイター
POP広告とは店頭で商品の説明をしている広告のことです。POP広告の作成には技術とセンスが必要であり、POP広告クリエイターはこれらの知識を得ることができます。

サービス接遇検定
スーパー業界においても顧客に対するサービス(接遇)が重要視される時代になっています。

ビジネス実務マナー検定
社会人になるとわかると思いますが、仕事において、ときにはビジネスの成果以上にビジネスマナーが大切なことがあります。そのビジネスマナーを効率的・体系的に学ぶことができる資格がビジネス実務マナー検定です。

スーパー業界で店長やスーパーバイザー等の店舗管理者になりたい人が役立つ資格

スーパー業界で将来店長やスーパーバイザーなどの店舗管理者になりたい人は次のような資格が役立ちます。基本的には店舗管理者になりたい人も上記販売員の資格が役立ちますが、それにプラスアルファ次の資格が役立ちます。

  • 中小企業診断士
  • リテールマーケティング(販売士検定試験)1級
  • ビジネスマネージャー検定試験
  • ビジネスコンプライアンス検定試験
  • ビジネス文書検定

中小企業診断士
中小企業診断士は日本で唯一の経営コンサルタントの国家資格で、中小企業支援法に基づき経済産業大臣により「中小企業の経営診断の業務に従事する者」として登録された者をいいます。サラリーマンなら一度は受験を考えたことがあると言われるほど人気が高い国家資格のひとつで、もし中小企業診断士試験に合格したら会社内で一目置かれるのは必至です。会社によっては将来の幹部候補に中小企業診断士試験を受験させているところもあるほどです。

リテールマーケティング(販売士検定試験)1級
リテールマーケティング(販売士検定試験)1級(販売士1級)は店長や経営者としての知識を網羅している試験です。

ビジネスマネージャー検定試験

ビジネスマネージャー検定とは、東京商工会議所主催の検定試験で、企業の管理職が成果を出し続けるために役立つ重要なマネジメント知識を効率的に習得できます。

ビジネスコンプライアンス検定試験

ビジネスコンプライアンス検定試験とは近年企業に求められているコンプライアンス(企業の法令遵守)に関する知識を学べる検定試験です。

ビジネス文書検定

店舗管理者に文章が必要?と思うかもしれませんが、会社では社内文書の書き方ひとつで評価が違ってきます。ビジネス文書検定はビジネス文書における一定の型や特有の言い回しといった文書の作成能力を身につけることができる資格試験です。

スーパー業界でバイヤーになりたい人が役立つ資格

スーパー業界で将来バイヤーになりたい人についても基本的には上記の販売員の資格が役立ちますが、それにプラスアルファ次の資格が役立ちます。

  • ビジネスマネージャー検定試験
  • ビジネスコンプライアンス検定試験
  • ビジネス文書検定
  • ビジネス電話検定
  • 野菜ソムリエ
  • 日本さかな検定
  • お肉検定

ビジネスマネージャー検定試験

ビジネスマネージャー検定とは、東京商工会議所主催の検定試験で、企業の管理職が成果を出し続けるために役立つ重要なマネジメント知識を効率的に習得できます。

ビジネスコンプライアンス検定試験

ビジネスコンプライアンス検定試験とは近年企業に求められているコンプライアンス(企業の法令遵守)に関する知識を学べる検定試験です。

ビジネス文書検定

バイヤーに文章が必要?と思うかもしれませんが、バイヤーは社外の人とメールや文書でやり取りすることが多く、ビジネス文書の書き方を心得ていないと恥ずかしい思いをすることがあります。ビジネス文書検定はビジネス文書における一定の型や特有の言い回しといった文書の作成能力を身につけることができる資格試験です。

ビジネス電話検定
バイヤーになると社外の人と電話でやり取りする機会が急増します。ビジネス電話検定はビジネスで必要とされる電話の技能(迅速・正確・簡潔・丁寧)を身につけることができる資格です。

スーパー業界で将来、人事総務の仕事をしたい人が役立つ資格

スーパー業界に新卒から働く場合は、いきなり人事総務の仕事をするのは難しいですが、何年か販売員として勤務して、将来、人事や総務の仕事がしたい人は次の資格が役立ちます。

  • 社会保険労務士
  • ビジネスキャリア検定試験
  • 給与計算検定
  • ビジネスマネージャー検定試験
  • ビジネス文書検定
  • ビジネス電話検定

社会保険労務士

社会保険労務士(社労士)とは、労働関連法令や社会保障法令に基づく申請書などの書類作成などを行い、企業経営上必要となる労務管理や社会保険に関する相談指導を行うことを業とする国家資格です。社会保険労務士の難易度は高いですが、合格すれば会社内で評価されます。

ビジネスキャリア検定試験

ビジネスキャリア検定試験は事務系職務を広く網羅した唯一の公的資格です。国が整備している職業能力評価基準に準拠している試験であるため実務能力を育成・評価・証明する試験制度といえます。試験は大きく次の分野に分かれており、それぞれに級を設けています。

  1. 人事・人材開発・労務管理
  2. 企業法務・総務
  3. 経理・財務管理
  4. 経営戦略
  5. 経営情報システム
  6. 営業・マーケティング
  7. ロジスティクス
  8. 生産管理

給与計算検定

給与計算検定とは給与計算に関する正しい知識と手続き方法を効率的に学ぶことができる検定試験です。試験では給与計算に関連した各種手続きも学ぶため実務に役立つ知識も学べます。

ビジネスマネージャー検定試験

ビジネスマネージャー検定とは東京商工会議所主催の検定試験で、企業の管理職が成果を出し続けるために役立つ重要なマネジメント知識を効率的に習得できます。

ビジネス文書検定

人事総務の仕事ではビジネス文書の知識は必須です。社内だけではなく社外に対してもメールや文書を書く機会が多く、ビジネスマナーを心得ていない文書を書くと大きな失敗を招きます。ビジネス文書検定はビジネス文書における一定の型や特有の言い回しといった文書の作成能力を身につけることができる資格試験です。

ビジネス電話検定
人事総務の仕事ではビジネス電話の知識は必須です。電話は「会社の顔」とまで言われるほど大切な仕事で、ビジネスマナーを心得ていない電話対応をしてしまうとビジネスに大きな影響が出てしまいます。ビジネス電話検定はビジネスで必要とされる電話の技能(迅速・正確・簡潔・丁寧)を身につけることができる資格です。

スーパー業界で経理事務をしたい人が役立つ資格

スーパー業界で経理事務をしたい人は次の資格が役立ちます。

  • 税理士
  • 日商簿記検定
  • ビジネス会計検定
  • ビジネスキャリア検定試験
  • ビジネス文書検定
  • ビジネス電話検定

税理士

税理士は税理士法に定める国家資格であり、法人税や所得税、相続税等の各種税金の申告の代行業務や税務書類の作成を行います。税理士は難易度が高い資格ですが合格すれば社内で大きく評価されるはずです。

日商簿記検定

日商簿記検定は、商工会議所が主催する簿記の検定試験です。一般的に「簿記」と言われている資格試験はこの日商簿記のことを言います。経理事務で評価されたいのであれば日商簿記3級だとアピール力が弱いので、2級は必要です。

ビジネス会計検定

ビジネス会計検定は大阪商工会議所主催の検定試験で、財務諸表を理解する力を問う検定試験です。日商簿記が財務諸表を作成する知識を問う試験なのに対して、ビジネス会計は作成された財務諸表を分析する知識を問う試験です。

ビジネスキャリア検定試験

ビジネスキャリア検定試験は事務系職務を広く網羅した唯一の公的資格です。国が整備している職業能力評価基準に準拠している試験であるため実務能力を育成・評価・証明する試験制度といえます。試験は大きく次の分野に分かれており、それぞれに級を設けています。

  1. 人事・人材開発・労務管理
  2. 企業法務・総務
  3. 経理・財務管理 等

ビジネス文書検定

経理事務の仕事ではビジネス文書の知識は必須です。社内だけではなく社外に対してもメールや文書を書く機会が多く、ビジネスマナーを心得ていない文書を書くと大きな失敗を招きます。

ビジネス電話検定
経理事務の仕事ではビジネス電話の知識は必須です。電話は「会社の顔」とまで言われるほど大切な仕事で、ビジネスマナーを心得ていない電話対応をしてしまうとビジネスに大きな影響が出てしまいます。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る